2006年04月08日

憧れのひと

10代の頃からずっと好きな女の人がいる。
5歳年上の彼女は、いつも私のお手本だったり、
勇気をくれたり、人生を楽しむ方法をみせてくれた。

その人は・・・じゃ〜ん!

小泉今日子の半径
小泉今日子の半径100m

キョンキョンです。

他のアイドルとはちょっと違っていたけど、誰よりも笑顔が
キラキラしていた彼女のとりこになった。
細くて可憐なアイドルがもてはやされる中、溌剌とした健康優良児
のようなキョンキョンは、背が小さくて足も太かった私にとって
おしゃれの救世主だった。
ショートカットの中性的な魅力も、自分に合ってる気がして
髪型とかすごく真似したものです。

あれから20年以上・・・他にもお手本にしたいひとが出てきた
ときもあったけど、いっつも一番気になるひとはキョンキョンでした。
最近は派手な話題はあまり聞かないから、今の若い人たちは
10〜20代の頃のキョンキョンのすごさを知らないひとも
いるんだろうな。
誰かにたとえていうことはできないけど、敢えていってみるなら
木村カエラのアート性と、あややの愛嬌、それから引き合いに
出せるひとがいないくらいの衝撃性。それがあの小さなひとりの
体からあふれ出すなんて、これはやっぱり比べようがない。
人拓とか刈りあげとか、ファンはついていくのに必死でした(笑)。

今は、実力派女優として活躍する場面が増えていますが、
いつになっても、新鮮なひとだなーとこの本を読んで思いました。
最近、なんでもない暮らしの雰囲気を伝える本とかが増えて
いますが、書かれているキョンキョンの暮らしぶりは本当に
自然体。世知辛い世の中、のびのび暮らすってことが一番むずかしい
ことなのかも・・・と思います。

ということで、私にあらたな目標ができました。
キョンキョンみたいな40代を迎えること。
とりあえず、ネエさん一生ついていきます!ということで。
posted by 小麦 at 15:05| 京都 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクも中学生の時は、キョンキョンのグッズをいっぱい身の回りに置いてました。
いままで、アイドルとか芸能人ってのにあまり気を取られたことはなかったんですが、その当時、キョンキョンだけは別な感じがしてました。
Posted by ひらひで。 at 2006年04月11日 12:53
オットに「一番好きな芸能人は?」と聞くと、
いつもキョンキョンと答えます。
その時のブームや人気はあるけど、やっぱり永遠のようで。
私もそういえば髪型とか真似してたなぁ〜。
短いおかっぱ(刈り上げ?)新鮮でしたよねぇ。
私もキョンキョンみたいな素敵な女性になりたいっ(´∀`)
Posted by mana at 2006年04月13日 13:48
>ひらひで。さん
おおっ!ひょっとして同世代だろうか。
私も数々のアイドルの誘惑には見向きもせんと
サザン一筋だったのですが、キョンキョンには
やられましたねー。

>manaちゃん
そーそー、manaちゃんのダンナさんと私って
確か同い年やし。永遠・・っていうのわかるわ。
その時々で旬なひとっていてるねんけどな。
でもキョンキョンは永久欠番っていうか(何の?)
短いおかっぱ(刈りあげ)やろ。
私も中学生の時はやっててやってんけど、
父親には「坂本龍一みたいな髪型」と言われた。
んー。テクノカット?
(すんません、古すぎてわからんかな?)
Posted by 小麦 at 2006年04月14日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16305589

この記事へのトラックバック

日刊 可憐
Excerpt:
Weblog: 日刊 可憐
Tracked: 2006-04-09 15:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。